FC2ブログ

野 外 遊 動 記

自転車を含むアウトドアな事を気の向くままに(イシガメとヒキガエルも居てます)

ブロンプトン LIGHT-3 (台湾メイド)

ブロンプトンもマイナーチェンジを重ねて、入手当時と姿が違って来たので、最新状態をアップする事に。

以前の記事はこんなだった。
こんな形

2006年9月に譲ってもらった台湾ブロンプトンもコツコツとパーツを取り替えて随分様相が変わって来た。
1996年製なので恩年16歳、無茶な乗り方をしていないので(輪行多用)まだまだガタも出ていなくて、元気に走ってくれる。

RIMG7450-31.jpg 



大きく変わったのは、M形ハンドルからMTB用のアップライドなハンドルに変えて、ハンドルのフワフワ感がなくなって剛性が上がってダウンヒルも怖くなくなった。
RIMG7473-32.jpg 



デカールがボロボロだったので、チタンバージョン用のデカールに張替え。  チタンパーツは一つも付いていないけれども。
RIMG7470-32.jpg 




ハンドル周り
グリップを革のタイプに交換  当初は少し太くて握り具合が悪かったが、使っている内に少し細くなったか。
RIMG7453-31.jpg 

折畳む時はクイックレバーを緩めて、ハンドルの向きを変える。


RIMG7455-31.jpg 


グリップ周り
RIMG7469-32.jpg 


ブレーキレバー:一番最近に変えたパーツ  サンツアー XC-プロ  今は無きサンツーアーのMTB用レバーでハイエンド品  造り・表面処理共秀逸  カンチブレーキ用なのでサイドプルブレーキにも問題なし。

シフトレバー:シマノ デオーレXT 6速用 当時のハイエンドグレード
RIMG7478-32.jpg 





ブレーキアーチ:アルフォンガ製 ダブルピボット式 上引きを下引きに変更して使用
RIMG7451-31.jpg 



タイヤ:シュワルベ ステルビオ 16X11/4  細い高圧のこのタイヤに交換して走りが見違えるように軽快に成った。
ソロソロ変え時か、ステルビオは既に廃版なので次はヂュラノに成ってしまう。
RIMG7452-31.jpg 



ボトルケージはメインフレームの真ん中に装着
ダボが無いので、ゼファールのXLサイズのブラケットで取付。
RIMG7456-31.jpg 




クランク:サンツアー シュパーブプロ 170L 44X39T 前・手掛け変速
5ピンはシマノデュラのアルミカラーピン  ブルー1個がお洒落のポイント(笑)
RIMG7457-31.jpg 

クランクはクラシックタイプとか色々試したが、ヤッパ、これが一番

サンツアー ロードクランクのハイエンドクラスなだけに、質感・表面処理の綺麗さは別物だ。
RIMG7458-31.jpg 

中古品なので擦り傷が多いのが玉に傷

ペダル:MKS プロムナードEZY-ペダル 
RIMG7459-31.jpg 

右側は外す事が無いので、黄色いロックリングで固定している。


以前はアウターにガードリングを付けて、インナーに42Tを装着していたが、今回手掛け2速にしたので
アウターに44T、インナーに39Tを装着。  キャパは5速だが、39Tだと平地では20Km位しかスピードが出ない、普段は44Tで漕いで、眼前に長い登り坂が来たら、一旦止まって手掛け変速で39Tにする。
RIMG7475-32.jpg 



テンショナー:UK製に交換してチェン外れから開放された。 台湾製のはアームがよじれていてチェン外れが頻発して犬座りが出来なかった。
アルミのチェンガード円盤をダブルにして外れ難くしてあるが効果の程は。。。
RIMG7460-31.jpg 

チェンラインが安定したので、手掛け前変速が可能に成った。


内装変速機:スターメーアーチャー製 3速  古いタイプなのでケーシングが鉄のCPメッキ  メッキが良いので古くとも輝いている。
RIMG7461-31.jpg 

重いです

96-3と刻印が打ってある
RIMG7468-31.jpg 

スプロケットは薄歯の13Tに交換。  厚歯用の歯とチェンでは前2速には出来ないので注意が必要。


コロはキャスター用の軽量コロに交換 通称:発案者の名前を取って「イモン式」と言う。
ベアリングは入っていないがこれ位が転がり過ぎないので丁度良い。
RIMG7462-31.jpg 

台湾ブロはリア三角の固定用に赤いフックが付いていた、この頃のUKブロにはフックが無くてフリーだった。
リアサスのゴムがヘタって来たので、加茂屋ジェニーサスのソフトに交換したいな~。


台湾ブロのキャリアーは黒くて重たそうだが、これでもアルミ製で思ったより軽くて丈夫に作られてある。
リア側のコロは通し軸で左右繋がれてあるのでいがむ事が無い、UK製や日東製のキャリアは左右が繋がっていないので曲がってしまう様だ。
RIMG7463-31.jpg 



キャリアにリアバッグを載せる事が多く、犬座りで止められないので、NUBOのサイドスタンドを装着している。
RIMG7464-31.jpg 



シートポスト:BD-1用のアルミ製  鉄のやぐらが必要なくなるので200g位は軽量化出来た。
RIMG7466-31.jpg 





サドル:ブルックス B-17 スタンダード 黒
RIMG7472-31.jpg 

サドルは色々付け替えたが、これが一番乗り易い、今のB17は柔らかく作ってあるので直ぐに馴染んで来る。





関連記事
  1. 2012/01/26(木) 22:46:00|
  2. MY bike(何台か有ります)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<アラヤ マディフォックス(黒泥狐)更なるマイナーチェンジ | ホーム | 旧正月>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pokelama.blog2.fc2.com/tb.php/1714-f3ce0a6c

RAJYA

05 | 2019/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search