FC2ブログ

野 外 遊 動 記

自転車を含むアウトドアな事を気の向くままに(イシガメとヒキガエルも居てます)

北国街道3ed 今庄宿~金津ツーリング トランジット スポーツ 68+4.8Km

北国街道3ed 今庄宿~金津宿のツーリングに行って来た。
同コースは一次隊が18日に実行したのだが、参加出来なかったT氏と2人で二次隊を(そんな大げさな物か)結成して、一次隊の走行データーを頂いて、お気楽にツーリングしようとの魂胆か。

福井県地方の前日の天気予報は「曇り時々晴れ」、当日朝は早朝出発の為天気の確認はしなかった。
しかし福井市で北の風8mが気に成ってはいたが、当日シンドイ目に会うとは、思いもよらず。
さて、琵琶湖は晴れだったが、湖から離れて山地は入って行くと段々と雲が厚くなって来るではないか、今庄の駅に降りてみれば、肌寒くてどんより曇り何時雨が降り出してもおかしくない天気。
2人とも雨具の用意無し、私なんぞはウインドブレーカーも無い真夏モードだ。
それでも、走り出したら温もると、お互いレーパンでイザ出発。

今庄駅前にて (9時半過ぎ出発)
駅前で自転車を組んでいたら地元のおばちゃん2人が小径車を見て話し掛けて来た、細いタイヤと大阪から来て芦原温泉まで走ると聞いて、驚いていた。
RIMG1108.JPG-1.jpg

今庄宿の酒屋 杉玉に反応して撮影
RIMG1109.JPG-1.jpg

今庄宿にて 白い壁と二階部分の造形が珍しい
俳句の短冊を竹盆に飾り付けたりして、お洒落です。
RIMG1110.JPG-1.jpg

線路沿いに少し走ると砂利道になり、湯尾峠への昇りに成る。
RIMG1112.JPG-1.jpg

湯尾峠への道
峠の登り降りのみグラベルで急傾斜なので押し歩き、他は平坦な舗装路なので今回は2人ともロードタイプの小径車である
RIMG1113.JPG-1.jpg

湯尾峠到着
駅から25分位で意外とあっけなく到着した。
松尾芭蕉の句碑とかが有ったが蚊にたかられるので、早々に退散
RIMG1114.JPG-1.jpg

峠から次の宿場の湯尾宿を望む
何かホノボノとする風景だ
RIMG1116.JPG-1.jpg

湯尾峠の降り
道が下草に覆われ、人が殆ど歩いていないようだ
RIMG1117.JPG-1.jpg

鯖波宿と脇本宿の間に有る、南条駅に立ち寄り「名水・鶯しょうず」を汲もうと思ったが、場所が分からなくて断念
RIMG1119.JPG-1.jpg

脇本宿付近の廃屋
家の前に小川が流れて良い感じ
RIMG1121.JPG-1.jpg

今宿を通過 (11時過ぎ)
RIMG1122.JPG-1.jpg

府中宿の商店の看板
福井県の伝統的な形式なのか、府中宿に特に多かった
RIMG1124.JPG-1.jpg


RIMG1125.JPG-1.jpg

府中宿にて
滋賀県北部から福井県の古い家は、柱とか木部をベンガラ色に塗ってあるのが多い
RIMG1126.JPG-1.jpg

府中宿で一寸横道に入るとこんなお寺が
「龍門寺城址」由緒有るお寺だった
RIMG1128.JPG-1.jpg

上鯖江宿で昼食 (12:05~12:45)
昼に成り腹も減って来てたので食堂を見つけて飛び込んだのは良いのだが、昼に成ったばかりで入店した客が何人も食い物が出て来るのを待っている。
なんかヤバソウな予感が的中し、延々30分待たされました。
RIMG1131.JPG-1.jpg

その食堂「味見屋」
昔懐かしい「洋食屋さん」の風情で、味付もそんな感じ。
ナガイだ待たされへんかったら、良い店やのに。
RIMG1132.JPG-1.jpg

昼食後は遅れを取り戻すのに激走して福井に到着 (14:03)
福井城址を占領して県庁が立っている、「お前ら何様と思トンか馬鹿野郎」、福井の恥さらし。
県庁部分をカットして撮影 
RIMG1133.JPG-1.jpg

九頭竜橋到着 (14:40)
RIMG1134.JPG-1.jpg

長崎宿手前辺りを逆風に悩ませられながら懸命に走る。
同行のT氏は「トライアスリート崩れ」なのでここ一番の激走は流石。
必死に付いて行こうと漕ぐが、ジリジリト離されて行く、久し振りにシンドイ走りをした。
RIMG1137.JPG-1.jpg

水門を担いで渡る
一次隊に教えてもらったから分かるが、初めて来たら分かりません。
RIMG1138.JPG-1.jpg

金津宿の銭湯「柳湯」に到着 (15:50)
RIMG1139.JPG-1.jpg

他に客が居なかったので、撮影。
使い古された懐かしい脱衣箱(鍵が付いてない)
左側には常連さんの「MY洗面セット」が並んでいる
RIMG1140.JPG-1.jpg


旅の汗を流しスッキリして、駅中のコンビニでビヤーと食料を仕入れて芦原温泉駅17:13発の列車で帰途に着いた。
帰宅は11時前。
行きの乗車時間は4時間、帰りは5時間、走行時間は6時間チョィ。
お疲れさんでした、1日長いだ遊びました。
関連記事
  1. 2005/09/24(土) 23:45:54|
  2. 北国街道ツーリング シリーズ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<サントリーの「Kire」 | ホーム | お彼岸>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pokelama.blog2.fc2.com/tb.php/163-386d524d

RAJYA

09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search