FC2ブログ

野 外 遊 動 記

自転車を含むアウトドアな事を気の向くままに(イシガメとヒキガエルも居てます)

水溜りの備品

5/11日、     コリドラス水槽用に小物備品を追加購入す

ブラジルの大河から送られて来た      ここからの通販が一番安い
RIMG1484-17.jpg
 
     


いつものラッピング包装
RIMG1485-17.jpg
 
     


エアポンプとデジタル水温計
RIMG1486-17.jpg
 
     


エアポンプ  水心 SSPP-7S   30~45cm水槽用 
RIMG1487-17.jpg
 
     
水槽には田砂を入れているが、泥鰌が暴れて砂を巻き上げると、外付フィルターのポンプ部に吸い込まれて止まってしまう事があるので、保険としてエアポンプを入れて常時エアを送る様にする。


水温計  テトラ BD-1
RIMG1488-17.jpg
 
     
普通の棒水温計で十分なのだが、安かったので試しに買ってしまった~(笑)

  1. 2018/05/11(金) 22:26:04|
  2. かまつか乃水溜り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

エアーピロー

5/11日、    キャンプ用の空気マクラを買い換えた。

以前使っていたのはネックピローで、真ん中に穴が開いていて首にセットするタイプ。  これを寝転んで使用すると、首の安定が悪いのを無理無理使っていたのだが、遂に経年劣化で穴が開いて引退した。


ブラジルの大河から購入した    小袋に入ってコンパクト
RIMG1489-30.jpg
 
     


広げてみた
RIMG1490-30.jpg
 
     


空気を入れた状態
RIMG1491-30.jpg
 
     


裏側
RIMG1492-30.jpg
 
     


大きなバルブなので直ぐに空気を充填出来る
RIMG1493-30.jpg
 
     
5月下旬の山城キャンプ場で使ったが、実に寝心地が良い、もっと早く買っておくべきだった~、マクラは良い物を選ばないと。。。。。


  1. 2018/05/11(金) 19:28:25|
  2. アウトドアギア|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ネイチャーハイクのテント ウインドウイング 一人用 の試し張り

5/11日、    3月下旬に購入した支那製のテントの試し張りをした。

5月下旬に今季最初のキャンプポタを予定しているので、いきなり現地で初張りをして、問題発生では洒落にもならないので、事前にチェックは重要。    おまけに支那製なので何が有るか判らない。。。。。。。。


いつもの旅人の木の辺りの草原で実施
P5112118-11.jpg
 
     


テント本体・マット・ポール・ペグの一式
P5112119-11.jpg
 
     


先ずはマットを広げてみる   テントの形状に合わせてテーパー状
P5112120-11.jpg
 
     


マットの上にテント本体を置いてみる
P5112123-11.jpg
 
     


マットとテントを合わせてポールの先端を差し込む
P5112124-11.jpg
 
     


ポールの取付がクロスではなくて、パラレルなのを勘違いしてモタモタしてしまったが、漸く形になった (フライは未設定)
入口側   サイドに大きな開口部があって出入りし易い
P5112125-11.jpg
 
     


頭側
P5112126-11.jpg
 
     


足元側
P5112127-11.jpg
 
     


斜め後方から眺める  入口側
P5112128-11.jpg
 
     


その反対側
P5112129-11.jpg
 
     


中に入って足を伸ばしてみる    生地はメッシュなのでフライを張らないと明るい
P5112131-11.jpg
 
     


前後のポール交差部の固定はヒモ止めなのが支那製の愚かな仕組み
P5112134-11.jpg
 
     


上部はポールにフックを掛けるだけでイージーでOK   中央はダブルフックで強度も考慮されている
P5112135-11.jpg
 
     


テント本体にフライを掛けてみる     四隅を本体側のフックに接続して、軽く張った状態
P5112136-11.jpg
 
     


入口側に立てに開閉チャックがある    右側の足元側がフライが完全に覆わないようだ
P5112137-11.jpg
 
     


頭側に換気口がある
P5112140-11.jpg
 
     


フライを掛けた状態で中に入ってみる    右側はフライを開けてメッシュの本体の状態
P5112142-11.jpg
 
     


入口側のフライを開けて巻き上げてみる     右側に1箇所止めヒモがあるが、左側は止めヒモが無いので、実用時は洗濯ばさみででも止めるしかなさそう
P5112143-11.jpg
 
     
フライの下部がテント本体を完全に覆わないようなので雨の時に濡れるのかも。  張ヒモを使ってで完全に張っていないので、この辺は改善出来るのかも知れないが。。。。。。。

値段が値段だけに、細かな部分で詰めが甘くて、ヤッパ、支那製。。。。って感じ。。。。。。

結果として、5月下旬に山城キャンプ場に行った時は最低気温が15℃以下まで下がるので、夏用のメッシュテントでは、寒かろうッテ事で、モンベルのシェルター的テントを使ったので、この支那製テントは未だにアウトドアデビューはしていない。

7月か8月のキャンプポタの時には、是非デビューさせたいものだ。。。。。。


  1. 2018/05/11(金) 15:39:37|
  2. アウトドアギア|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

RAJYA

04 | 2018/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search