fc2ブログ

野 外 遊 動 記

自転車を含むアウトドアな事を気の向くままに(イシガメとヒキガエルも居てます)

ブロンプトン リアフェンダーコロ改造 (Wホイール化)

ブロンプトンのリアフェンダー上に取付けられているコロ
このコロの役目は転がす為ではなくて、リアフレームを回転させて折り畳む時にフェンダーが地面と直接ぶつからない様にする、緩衝コロなのだ。

しかし、緩衝コロでも回転しないのは良くない。 コロ軸のカシメがきつくて、殆ど回転しないので、当然転がす事も出来ない。
この個体だけの現象かと思っていたら、後日、P300さんのブロを見せてもらったら、やはり回転していなかったのには驚いた。
台湾ブロのこのコロは良く回るのだが。。。。。。。

コロ軸は外してしまった後だが、元の形状
RIMG17201-15.jpg
 
 


工具通販店から、コロ2個・カラー2個・キャップボルトの長いのを入手する
RIMG17202-15.jpg
 
 


事前にポンチ絵を書いて、構成とボルト長さを決める
RIMG17203-15.jpg
 
 


コロ軸内径を少しヤスリで削ってカラーをはめ込んで組立完成
RIMG17204-15.jpg
 
 


そうそう、前リングは54Tから48Tにほぼ確定したのでチェンを2リンク切り詰めた  (54-48)/2=3リンク→2リンク
RIMG17205-15.jpg
 
 


フェンダーに取付け     ワイドになりました    良く転がります
RIMG17207-15.jpg
 
 
実走してみたら問題発生。。。。。。
軸はボルトなので先端はナットで止めているのだが、コロが回るように少し弛めにしているので、振動でボルトとコロがガタガタと音鳴りして、実に不快感があるので、ダメ、やり直し。


軸を長ネジ(寸切りボルト)に交換する事にする   M5X280Lを適当に切断する
RIMG17218-16.jpg
 
 


問題の改造部分   赤丸部がキャップボルト
RIMG17219-16.jpg
 
 


各部品を組付けて、現物合わせでボルト長さを決めて、切断する
RIMG17220-16.jpg
 
 


赤丸部 両端を緩み止めナットで締めて、真ん中ブラケットの側面にも四角ナットを挿入して軸左右を固定する
RIMG17221-16.jpg
 
 
これで軸のガタは無くなり、回転の為のコロの両サイドの僅かな隙間だけのガタのみで、走行時の音鳴りは僅かになって問題なし。

しかし、輪行時は安定して転がしたいので、この形は暫定で、近いうちに手作りのアルミ軽量リアキャリアを作る積り。
目標重量は300g。。。。。。収まるかな?

  1. 2016/07/26(火) 20:58:58|
  2. ブロンプトン S2x2R改|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

RAJYA

06 | 2016/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search