fc2ブログ

野 外 遊 動 記

自転車を含むアウトドアな事を気の向くままに(イシガメとヒキガエルも居てます)

巨大ワニと恐竜の世界 ブロンプトン 97Km

石橋にある、阪大で開催されている「巨大ワニと恐竜の世界」を見学しに、ブロンプトン自走で行って来た。

巨大ワニと恐竜の世界展のリンク 

コースはいつも走っているシクロジャンブルへ行くルートを北に延長した感じで、裏道を出来るだけ走る。

0623阪大恐竜展-11 
 

7:40に出発して裏道を交えて北上し、なにわ筋を更に進む。
いつもの様に、うつぼ公園でトイレ休憩。  ここのトイレはなにわ筋の直ぐ近くにあるので便利が良い。
流石にバラは終わっているが、遠目にチラチラとは咲いてはいる。
これからは噴水が見た目にも涼しそうだ。 (9:30)
RIMG9114-21.jpg 
 



阪大に10:40頃着、だいたい3時間コースですな。
待兼山修学館で開催されているのだが、待兼山会館と間違ってそこへ行くと閉まっている、あちこち探し回って漸く探し当てたら11:00に成っていた。

いざ玄関からロビーに足を踏み入れると、正面にでかい看板が
RIMG9116-21.jpg 



その横の壁面には、マチカネワニの化石のレプリカが出迎えてくれる。
RIMG9115-21.jpg 
 



左横では、ドロマエオサウルス君とデイノニクス君が出張出迎えサービス。
RIMG9117-21.jpg


いやが負うにも気分が高揚する。
RIMG9118-21.jpg 
 

3階がその会場(入り口の写真を撮るのを忘れてしまった)
最初は小さめの恐竜の全身化石が展示されている。(だいたいがレプリカ)

お次は大きめの恐竜の頭骨化石
カラマサウルス
RIMG9123-21.jpg 
 


アロサウルス
RIMG9124-21.jpg



ティラノサウルスとタイマン張ってた奴なので歯が凄い。
RIMG9125-21.jpg 
 

? 古代ワニ
RIMG9126-21.jpg 
 



生きている時はこんな皮膚をしていたのだろうか?
RIMG9127-21.jpg



翼竜
RIMG9130-21.jpg 
 

更に奥に進むと本命の展示が

タルボサウルスの全身骨格
RIMG9135-22.jpg 
 



サウロロフス
RIMG9136-22.jpg



ティラノサウルスの本物の歯の化石   こんなので噛み付かれたくは無い。
RIMG9137-22.jpg 
 

デイノスクス(古代ワニ) 全長が12m程にも成る
RIMG9139-22.jpg




RIMG9148-22.jpg 
 
ティラノサウルス
RIMG9145-22.jpg



凄い歯が並んでいる
RIMG9149-22.jpg 
 

アマルガサウルス  草食性なので可愛い頭
RIMG9152-22.jpg 
 
巨大ワニと恐竜の世界の展示はこれ位


隣の部屋には常設の、当地から出土したマチカネワニのその物の化石が展示されていた。

頭骨部  右下あごは未発見だそうな
RIMG9154-23.jpg 
 



背骨と肋骨の並び
RIMG9156-35.jpg


骨鱗
RIMG9157-23.jpg 
 

右後ろ足大たい骨  赤丸部が、折れて再度癒着しているそうな。
RIMG9162-2.jpg



現生しているガビエルという種類のワニに近いそうな。
RIMG9164-23.jpg 
 
以上見学して約1時間


お昼に成って来て腹も減ったので、学食で昼食を頂く。
キムチ野菜炒めと鯖のみそ煮と飯で、420円。お安いです。  ご飯がMサイズを頼んだが、思ったより少なかったのでLサイズでも良かったかも。
RIMG9165-23.jpg 
 




RIMG9166-23.jpg



RIMG9167-23.jpg 
 

12:30に阪大を出て、箕面のミヤザキサイクルと豊中のM&Mのショップ巡りをする事にする。(北方に来る機会がないので、貴重な機会だ)

その様子は別ページにて。。。。


  1. 2012/06/23(土) 22:28:56|
  2. ポタ ・ ツーリング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

RAJYA

05 | 2012/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search